web.de.salon

整体院のホームページ集客で大切な【3つのこと】

集客
           
整体院のホームページ集客で大切な【3つのこと】

こんにちは!

web.de.salonの岩村です。

さて今回は、整体院や整骨院、サロンのホームページ集客で大切な3つのことについてお伝えしていきます。

私は整体院の業界に携わらせてもらっていて、心底思うのですが、この業界の経営者の方はホームページに対してすごく疎いということです。

私自身もともと整体院を経営しており、開業当初は「SEO」、「wordpress」、「ppc」などの言葉は起業塾で教えてもらってはいたので何となく理解はしていましたが、実際に運用し、集客していくことの本質は今から思うとまるでわかっていませんでした。

なのでホームページで集客していくにあたって、大切なことを解説していきます。

①ターゲット(ペルソナ)に刺さりやすいデザインにする

これは当たり前なのですが、意外とできていない方が多いです。

webデザインには、性別や年代、サービスの価格帯などによって、親しみやすさや、購買意欲を上げるための「型」があります。

起業塾に行ったり、起業に関する本を読まれている方はペルソナの重要性を分かっておられると思いますが、それをホームページに落とし込めていない方がほとんどです。

例えば、女性向けのファッション雑誌を参考にしてみると、わかりやすいかと思います。

「popteen」、「vivi」、「mina」、「GINZA」、「大人のおしゃれ手帖」など。

ターゲットの年代や主婦向け、高級志向の方に対してなど、それぞれデザインはまるで違います。

こういった感じでターゲットに適したデザインを考えましょう。

②コンバージョン(成約)してもらうための導線を考える

ホームページの目的はサイトに訪問してもらい、実際に問い合わせなどのアクションを起こしてもらうことですよね。

しかし、それができていない方が非常に多いです。

問い合わせフォームや問い合わせボタンが埋もれてしまっている

問い合わせボタンや問い合わせフォームはコンバージョン率を左右する重要なものであるにも関わらず、サイトデザインに馴染みすぎて、埋もれてしまっているケースが多いです。

これは非常にもったいないので要注意ですね。

立体感のあるボタンや、スマートフォンであれば押すだけで電話をかけられるようにできるので、最大限工夫しましょう。

ページが乱立していて、問い合わせフォームがどこにあるのか分かりづらい

とにかく情報を詰め込んでページが多くなってしまい、結局問い合わせがどこにあるのか分からなくなってしまっているサイトも稀にあるので、注意しましょう。

ヘッドライン、証明(お客様の声など)、クロージング、オファーの構成ができていない

コンバージョンしてもらうための導線としてDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)は非常に優秀です。

まずヘッドライン(ページの一番最初に見るところ)で注意を引き、お客様の声などで証明を示し、クロージングで後押しし、購買意欲が高まったところでオファーする。

というように、しっかり導線を考えてサイトの構成をしていくことがコンバージョン率を上げるためには非常に重要です。

③分析を行い、PDCAサイクルを周す。

ホームページが出来たら、その後の分析をしっかり行わなくてはなりません。

グーグルアナリティクスやサーチコンソールを見ながらCV率はどうか?など分析し、ホームページの修正をしていくことでサイトを育てていきます。

そういった時にホームページの修正などを全部一人で行おうとすると、膨大な時間がかかってしまい、経営に支障をきたします。

経営者にとって、もっとも大切なのは時間管理です。

なのでホームページの修正は業者に任せて、あなたは経営に集中しましょう。

信頼できる業者を見つけることが大切ですね

まとめ

今回の内容をまとめると、

  • ①ターゲットに合わせたデザイン
  • ②アクションしてもらいやすいサイトの構成、デザイン
  • ③分析と修正を繰り返しサイトを育てていく

となります。

以上のように、シンプルなものばかりなのですが、ほとんどの方が出来ていません。

というか、ホームページ業者ですら、十分に理解できていない場合もあります。

現代において整体院、整骨院、サロンのホームページ集客は大変重要なのは周知の事実だと思います。

今回の記事をぜひ参考にしていただき、集客に役立ててみてくださいね!