web.de.salon

ホームページやブログで使用できるバナー。

works
           
ホームページやブログで使用できるバナー。

YouTubeをやっているなら、絶対にホームページやブログからの導線も置いていた方が良いです。

なぜなら「ファンになってもらいやすいから」です。

単純に接触頻度が高いと人は信頼度が高くなる、ということが証明されていますし、さらにYouTubeは観ている方の教育もできるので、ファンになりやすい傾向にあります。

というわけでYouTubeのバナーはとても重要なのですが、シンプルかつ何を発信しているのかが明確であることを意識したバナーです。