治療院のための集客に特化したホームページ

works
CURE2.0

整体院向けの集客ホームページ

マーケティングのノウハウを詰め込んだ、集客に特化したデザイン。

WordPressを使用した、SEO対策や運用しやすさを意識して作られたサイトとなっています。

ストーリー

ゼロからWordPressを作成するにあたって、「何を作ろうか…」と考え、まず取り掛かったのが自身の整体院のホームページでした。

それまでは業者に制作費30万で作ってもらったサイトを運用してましたが、開業したてはお金がないですし、僕自身結構きつかったです(^_^;)

なので、「これから整体院を開業する人に、出来るだけ負担のかからないような料金設定でホームページ作成を請け負えるようになりたい」という思いもあり、作成に至りました。

こだわり

  • DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)による見込み客に行動を起こしてもらう構成。
  • SEO内部対策をしっかりおこない、「京田辺(地域名) 腰痛」で1位を獲得。(2019年11月現在)
  • プログラミングやWordPressの知識がない方でも簡単に追加・編集できるシステム。

【DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)による見込み客に行動を起こしてもらう構成】

そもそもDRMって何?ということですが、以下に引用文を載せておきます。

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは・・・広告やWebサイト上で、情報発信し、何らかの返答(問い合わせや注文など)が来た消費者に対してのみ、直接的に「商品(サービス)」を販売していく仕組みのことです。

https://viral-community.com/starting-side-business/drm-4907/

ざっくり言うとそんな感じですが、具体的な例を挙げると、通販番組なんかで「限定3名様」や「お問い合わせは今すぐこちらまで!」などの呼びかけをよく見かけると思います。

他にも返金保証をつけたりして、消費者のリスクを減らして購買に繋げるのもDRMの特徴です。

つまり、DRMは消費者に行動を起こしてもらうための手法として、よく使われています。

私はこのDRMを学び実践しながら、整体院経営の安定化を図ってきましたし、DRMに救われたと言っても過言ではないかもしれません。

当たり前ですが、大前提として「良い商品である」ことが必須です。

SEO内部対策をしっかりおこない、「京田辺(地域名) 腰痛」で1位を獲得。(2019年11月現在)

ホームページにおいて、SEO対策は非常に重要だと思いますが、なかなか狙ったキーワードで1位を取るのは難しくなってきています。

しかし、しっかり内部対策をしていれば、時間はかかったとしても1位を取ることは難しいことではありません。

慢性腰痛のseo順位

他にも坐骨神経痛では地域で3位

病院の紹介ページには流石に勝てない(googleのアルゴリズム的に)ですが、その下につけてます。

坐骨神経痛のseo順位

脊柱管狭窄症で2位

腰椎すべり症では1位

結構マイナーな症状ではありますが、こちらでは整形外科のページよりも上に来ています。

サイトの追加・修正しやすさ

整体院の基本情報やキャンペーンの残り人数、そして集客できるサイトに育てていくためにもっとも重要とも言えるヘッドライン。

こういった頻繁に管理しなければならない内容をプログラミングやワードプレスの知識のない方でも簡単に行えるようなプログラミングを施してあります。

つまり、ストレスのないホームページ運用ができるような作りとなっています。

例えば、ヘッドラインで見てみると、下記の画像のようにワードプレスの管理画面からテキストを入力するだけで、

下の画像のように実際にヘッドラインに反映される仕組みとなっています。

このようにある程度自分で簡単に修正できるため、修正にかかる時間や費用が節約できます。

まとめ

こだわりポイントを挙げさせてもらいましたが…

つまりは、「自分が使いやすいサイト」ということですね。

「WEBから集客したいなぁ」とか「こんなことができたら便利だなぁ」など運用側でもある自分自身の要望に答えたサイトとなっています。